毎日楽しく忙しくアートマーケットの準備をしているちゅあのりこです。
いや、楽しくしていた かもしれない、今。

マーケットが開催される場所は遠い。たぶん車で7時間くらい。
遠いのはわかっとる。でも、遠くても家族全員で、家族旅行兼ねて行く、というチュア家にはかなりな一大イベントでもあるのです。

だから余計楽しみにしてたんだけど、なんだか雲行きが・・・



最近旦那さんがよく仕事を相談しているおじさんがいる。おじさんって言っても多分私くらい。まぁ私もおばちゃんですけどね いーんだよそれはもう おぉう。

そんでまぁその人、すっごい話長いの。
いい人なの。でも話が長いの。
そんでその人、マーケットが開催される近くに住んでんの。
そっから7時間かけて毎月キャメロンまで来んの、仕事で。
それでうちの旦那さん、旦那さんがー、マーケットの話をポロッとしちゃったもんでー。

はい、おじさんちに宿泊決定ー。

みたいな流れですよ 今。



私 え?   みたいな。

え?初の家族全員旅行なのに?

それだけで私 なんかしゅーと気持ちがへこんじゃって なんならひゅーと心に北風がふいちゃって
そんな私におじさん追い打ち

「おいしいドリアン食べれるところ連れて行ってあげる!」

そこで旦那さんがすかさずうちのワイフはドリアン食べないです、と言ったら

「それはおいしいドリアン食べたことないからだ!絶対食べたらおいしいって大好きになる!この前もドリアン嫌いな台湾人連れて行ったら、大好きになって帰って行った!」

とすごい勢いで言いだしまして 私はもうなんかくらくらしてきたわけですよ。

だから嫌いなんだって。3回食べてダメだったんだって。3回とも違う人が「このドリアンはマレーシアで一番うまい!」ってくれたんだって。
こういう人ってなんで、自分がおいしいと思ったら他の人もおいしいはずって思い込むんだろう。
例えば納豆嫌いな外国人にこれがうまいんだ!ってわざわざ納豆食べさせるのだろうか?嫌いだって言ってるならあえてそれを食べさせなくても他にごまんとおいしいものあるだろうに。


それではっきりきっぱり「いや、連れて行かないでください。行っても食べませんから。絶対に。嫌いなんです。」て言ったんですが、通じてるのかどうか微妙。
今すごくテンション下がり中。

あーぁ。


[PR]
きのう7歳の長男がいとこと大げんかをして帰って来ました。
殴り合いになったらしいのです。旦那さんの目の前で 旦那さんも驚くくらいに怒ったとのこと。
おぉなんだよ 男の子だな〜殴り合いって ゲーム大好きテレビ大好き読書大好きスポーツ苦手の超インドア派長男だから そういうエピソードは無縁だと思ってたよ。
まぁ待てよ待てよ 人を殴るのは良くないよ でもまずは話を聞くことにしよう。

原因は花。
きれいなガーベラ。旦那さんが作っている。

お母さんに持って帰ろうと思って 花を集めて ○くん(自分のこと)は最初にちゃんと○○(いとこ)に言ったんだ、これお母さんにあげるから触らないでねって。そしたらわざと折られたんだ。

それを息子が咎めたら木の棒でたたかれ、息子が切れてしまって殴り合いへと発展したと。(旦那さん一部始終目撃してたので危険なレベルではありません)
そう言って茎の部分が3cmくらいしかない花を泣きながら何個かくれました。
f0292586_07365943.jpg
これです。バケツにいっぱい水いれてます。

なんだよ〜男の子だな〜も〜
いやー。もー。なんですかこれは。ツンデレの私も思わず「お花ありがとう。殴った手も痛かったね。」なんて優しい母になってしまったよ。





[PR]
義母の愛がとまらない。
もちろん私にではなく、私の娘に。
うちの3人の中で唯一女子の娘がかわいくって仕方ないらしい。

旅行から買ってくるおみやげも数が一桁違う。
預かる回数が違う。ていうか娘しか預からない。
一緒にご飯の時は常によりそい、義母が食べさせる。
甘いものは無制限に欲しい分だけあげる。
泣いてたら問答無用に相手が怒られる。
保育園に預ける時間が長いと何度も私に言う。
一緒に迎えにいったら寄って来た娘を私を押しのけて抱き上げる。
車で抱っこしながら「お母さんに抱っこしてほしい?おばあちゃんにしてほしい?」と、娘が「おばあちゃん」と言うまで聞く。(娘は大概最初はママ、と言っている)



・・・。


つっこむところ多々ありますが、義母、いい人なんすよ。すごくかわいがってくれてるし他の二人も大事にはしてくれてるし。
他に文句を言うところもないすごく良義母なので、あえてこんくらいかな〜とあげてみました。
義母さんいつもありがとうございます。
でもお土産の数だけは公平にしてくださいませ・・・

[PR]
2年くらいほったらかしてドメイン更新もめんどくさくてもう消滅した私のホームページ。
よく過去のイラストやデザインの作品を見せてくださいと最近言われるようになり、あーまた復活させないとな〜とずーっと思っていたのです。
時間かかるよなー
でもデザイナーとかアーティスト名乗るならいるよなー
外注すんのも高いしなー
とかぐだぐだ思ってたんですけど、やっと自分で手をつけることができて、そしたら

1日で終わったわ。おーほほ。

私ったら何を躊躇していたのかしらん。
ま、手直しすれば良かっただけなんですけどね😓

ということでホームページがめでたく復活しました♥︎


http://noricoweb.net

[PR]
私じゃなくて、娘ですけどね。

咳してたんですよ。いやな感じの。でも熱もないし元気に動き回ってるからいつもの風邪かなーとか思ってたら

すっごいの、熱が。ほんといきなりがんっとあがって。


慌ててクリニック行ったらウィルス性の風邪だと。クスリ処方されて飲ませて寝かせたけど、どうもおかしい。
座薬入れて、1時間たっても2時間たっても尋常じゃない熱さ。計ったら39.5。
座薬入れてこれはさすがにおかしいんじゃないの・・・?
ウィルス熱ってたしか、うちの旦那さんもデング熱と間違われて入院してたやつでは・・?
私と仲良しのシンディちゃんも、それで3回くらい入院したことあったはず、それがこんな小さい子がかかってるのに入院とかしなくていいの?

そこから膨らむ不安。真っ赤な顔の娘。何も食べず、咳がどんどんひどくなる、そして吐く・・・なんでさっさと病院行かないんだよと思うでしょうが、これ、熱が下がってないと気づいてからほんの十数分内のできごとなんですよ 怖かったよ。

「すぐ来てください。」

イポーのかかりつけの小児科クリニックに電話をしたらそう言われ、大急ぎで準備して降りる。山道一時間ちょっと。
こういうとき、なんでこんなド田舎住んでるんだよ私・・・とすごくイライラするというか気が焦るんだけど言ってもしょうがない。

クリニックで見てもらってすぐ近くの総合病院へ入院。点滴につながれる娘。血液検査の注射もすぐにされる。
ウィルス熱ではない、と言われる。デング熱か?でもデング熱は私もかかったことがあるけど、吐いたりはしない、咳もでない。
じゃぁインフルエンザか?今ちょうど大流行している。

検査結果を待って、出た診断名は 肺炎。

肺炎・・・15年くらい前にうちのお父さんが2週間くらい入院してた。それくらいしかわからない。
ケータイのネットで検索する。

一昔前なら2歳児は50%が死亡すると言われていた病気。今は良い抗生物質ができ、それはほとんどなくなった、と。

あぁ一昔前じゃなくて良かった。半分の確立で死んでしまうなんて恐ろしくて平常心を保ってられん。
点滴の針を指すのがうまくいかず痛がって泣き叫んで暴れる娘、それを押さえなければいけない旦那さん、たまたまそのとき居合わせた号泣する義母・・・もうほんとカオス。みんなが泣いていた。
そんなこんなできのう退院。4泊5日の入院物語でした。

結論、健康第一。ほんとお金も大事。夢も大事。生き甲斐とかやりがいとか張り合いとかも大事。でも健康が本当に一番大事。
そう思った娘の入院期間でした。


[PR]